Web初心者向け『フロントエンド、バックエンドエンジニア』とは?

Web初心者向け『フロントエンド、バックエンドエンジニア』とは? Web

Web業界では、当然のように「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」というエンジニアの属性分けが使われています。

Web業界未経験や初心者だったりすると、ちょっとわかりにくいですよね…

そこで今回は、この2つの役割や違い、将来性について初心者向けに説明していきます。

スポンサーリンク

・フロントエンド、バックエンドエンジニアとは?

①フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアとはフロント(前方)という言葉の通り、今ご覧になっているウェブサイトの「見えている部分」を担当して制作します。

例えば、「サイトのトップページ」「携帯などのアプリ」など。

つまり、「どんな使い心地、機能を持たせるか」「どんな見た目・デザインにするか」といった役割がフロントエンドエンジニアの仕事です。

Web制作で言うと「HTML/CSS」そして「JavaScript」を扱い、画像や動画などのメディアを組み合わせて、ウェブサイトを作っていく役割です。

仕事内容

フロントエンドエンジニアの主な仕事内容は「フロントエンド」の構築、カスタマイズにあたります。

Webデザイナーが作成するデザインを基に、画面に映し出されるタイトルや画像、クリックするボタンなどをプログラミング言語を駆使して形にしていくことがフロントエンドエンジニアの仕事です。

フロンドエンドエンジニアで使用する言語は、サイトのテキスト部分を記述するHTMLや、装飾や見た目などを施すCSS、動的サイトに必要なJava Sprictなど。

WebデザイナーやWebディレクターとの連携をうまくとりながらプロジェクトを進める必要があり、広い範囲の仕事をこなしていかなければなりません。

パソコンと向き合うことだけでなく、プログラミングに関する高度なスキルを持っているからこその提案や、柔軟な発想がフロントエンドエンジニアには求められます。

そのためWebデザイナーやWebディレクターよりも上位職と言われています。

②バックエンドエンジニアとは?

バックエンドエンジニアとはバック(後方)という言葉の通り、今ご覧になっているサイトの「見えていない部分」を担当します。

例えば「ホームページ運営システムの開発」「アプリの仕組み・開発」といった裏側のことです。

クライアント側に様々な仕組みを提供(サーブ:serve)する側、ということで「サーバー側」などとも呼ばれます。

仕事内容

バックエンドエンジニアはユーザーには見えないサーバーサイド、またデータベースのシステム構築・開発、要件定義・設計を行います。

例えばECサイトでは、ユーザーの注文や買い物カゴの処理、商品データベースの設計、不正アクセスの処理などを行います。

その際に用いられる言語は主に「Java、PHP、Python、Ruby」などを使用します。

また新しいソフトウェアのインストールを行い、サービスの環境を変えたりWebサービスの運用保守を行ったりするのもバックエンドエンジニアの仕事です。

大手企業や人数の多いチームであればフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアは別の扱いをされますが、人数の少ないスタートアップやベンチャー企業だと兼務することもあります。

③フロントエンドとバックエンドエンジニアの違いとは?

フロントエンドとバックエンドの違いについて簡単にまとめてみました。

まずフロントエンドとはWebサービスやWebアプリケーションなどでユーザーがボタンを押したり、入力をしたりする部分やソフトウェア等と、直接やり取りをする部分のことを指します。

ユーザーがWebサービスなどを利用する時に目に見える部分はフロントエンドの部分です。

そしてバックエンドとはユーザーが入力した内容などのデータ処理、また保存、データ処理の結果の出力などを行う構築のことを指します。

このようにバックエンドはWebサービスを使用するユーザーには見えない部分です。

例えばユーザーがネットで買い物をした場合、商品の購入の際、フォームに名前や住所などの入力をします。

この部分を開発するのがフロントエンドになります。

それらのデータをもとに商品の確認、入力された情報の処理をするのがバックエンドになります。

・エンジニアの将来性

①エンジニアの将来性は?

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは将来性の高い仕事です。

なぜなら現在エンジニア・プログラマーといったIT人材は深刻な人手不足の状態が続いているからです。

そのためフロントエンジニアの需要は高く、経験と技術力を積めば仕事に困ることはありません。

フロントエンドエンジニアとして仕事を行っていくには、フロントエンドに使用する言語や技術などを学習する必要があります。

またUI・UX設計といったユーザーが操作しやすいWebサイト・Webアプリの作り方などを学習することもオススメします。

バックエンドエンジニアの将来性

バックエンドエンジニアの将来性もフロントエンドエンジニアと同様に高いです。

バックエンドエンジニアとして仕事を行っていくには、最適なデータベース管理を選ぶための豊富な知識や仕事の幅を増やすためにプログラミング言語を学ぶことが大切です。

またOSなどインフラに関する知識を学習することもオススメです。

インフラとは何か?

インフラとは、サービスを稼働させるサーバーであったり、通信するために必要な回線、あるいはそのサービスを継続するための運用体制などの、メインではなく脇役のような存在(要素)のこと。

ちなみにインフラ業務はサーバーやネットワークなどの周辺設備や構築、運用などの業務を意味します。

データベースとは何か?

データベースとは、ある特定の条件に当てはまる「データ」を複数集めて、後で使いやすい形に整理した情報のかたまりのことを表します。

特にコンピュータ上で管理するデータをデータベースと呼ぶことが多いですが、紙の上で管理する「電話帳」や「住所録」なども、立派なデータベースです。

②エンジニアになるためには?

最短でエンジニアになるためのスキルを身に着けたいならオンラインスクールをおすすめします!

オンラインスクールのTECH::CAMP(エンジニアスクール) ではエンジニアに必要なプログラミング言語を目的に合わせて学べます。

また、テックキャンプはエンジニア輩出実績No.1と言われており、エンジニアに転職できなければ全額返金保証もあります。

気になる方はオンラインブートキャンプ 無料体験

・まとめ

ここで紹介したフロントエンドとバックエンドエンジニアはコインの裏と表のように密接した関係にあります。

フロントエンドエンジニアもバックエンドエンジニアも、どちらかが欠けると良いWebサイト、アプリは作ることができません。

何故なら、お互いの目指すものを理解しあえている方がより良いサービス作りができるからです。

エンジニアとして働くことを希望する方は、自分の枠にとらわれることなく、自分の可能性を広げるためにも、「現場で使える」最新のWeb技術を学べるスクールに通い、スキルアップするのがオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Web
スポンサーリンク
シェアする
CreaveGraffitiをフォローする
Creavegraffiti | Webマーケティング情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました