illustrator初心者でも5分で簡単に花火を描く方法!

花火 Illustrator
スポンサーリンク

illustratorを初めて使う人でも、5分で花火を描く方法

暑いですね。まだ梅雨ですがもう夏ですねぇ・・・夏といえば花火!!!

スイカやかき氷、海、色々ありますが今回はとっても単純な花火をillustratorを使ってサクッと簡単に花火を描く方法を紹介します。

illustratorを今まで使ったことがない人でもすぐに描くことができます。

あれ?簡単じゃん!!と必ず思います(笑)

これをきっかけに私はもっとクオリティーの高いものを作りたい!と思い、どんどんillustratorにはまっていったので、ぜひ初心者の方もillustratorの楽しさを知ってもらいたいと思います。

今回は2つの方法、楕円形を使う方法と、点線を使う方法を紹介していこうと思います。

楕円形を使う花火の描き方

花火の描き方

楕円形ツールで円を上下に2つ作ります。
円を作ったら、Shift+altを押しながら真下に円をコピーします。

あまり大きいと少しおかしくなるので、小さめの円のほうが後で使いやすいです。

 

花火の描き方

選択ツールで上の円をクリックし、shiftキー    を押しながら下の円をクリックすると両方の円を選択することができます。

選択できたら右クリック→変形→回転→角度を15°位に設定する→コピー

花火の描き方

コピーした後、Ctrl+Dで繰り返しコピーしてくれるので、円になるまで数回押します。

花火の描き方

先ほど作った円を②で使った選択ツールで選択します。

右クリック→変形→拡大・縮小で縮小していくとこんな形にとっても単純な花火っぽくなります。左のものは、70%→60%→40%にしています。

花火の描き方

こんな感じで星に変えてみたり、色を変えてみたり、グラデーションにしてみたり・・・

するとさっきよりも少し花火らしくなってきす。

点線を使う花火の描き方

花火の描き方

まずは、楕円形ツールで正円を描きます。

 

illustratorを初めて使う人でも5ふんで花火を描く方法

次に、正円を点線に変えていきます。

正円のオブジェクトを選択した状態で線パネルを開き、「丸型線端」を選択します。

そして、破線にチェックを入れたら線分0pt、間隔15ptで設定します。

数値は目安なのでお好みで変更してください。

また、線幅も自由に設定してください。今回は線幅3ptで設定しました。

花火の描き方

点線の正円を作る。
続いて、点線にした円をコピーして花火の形にしていきます。

まず、オブジェクトをアウトライン化します。【オブジェクト】→【パス】→【パスのアウトライン】で変更したら、オブジェクトを縮小コピーしていきます。

【オブジェクト】→【変形】→【拡大・縮小】で開いたら、

拡大・縮小を90%にしてコピーをクリックします。これを好きな数だけ繰り返しコピーしていきます。「Ctrl+D」で繰り返し作業ができます。

点線花火

あとは、グラデーションなどを使って色を変えてあげれば花火の完成です。

まとめ

いかがですか?本当に5分で簡単ですが花火が描けてしまいますね!

illustratorはもっと高度な機能がたくさんあります。本格的なものまで作れるようになるので、色々試してみるととても面白いと思います。

また次回にでも、更にワンステップ進んだものを作ってみようと思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Illustrator
スポンサーリンク
シェアする
Designerをフォローする
Creavegraffiti | Webマーケティング情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました