Webサイトにおけるデザインや目的とは?KPIの重要性まで解説

Webサイトにおけるデザインや目的とは?KPIの重要性まで解説 WebDesign

2019年5月現在でのWebサイトにおけるデザインや目的をどのような基準で制作していきばいいのか?この辺りについて説明していきます!

この記事では「デザイン」「目的」「KPI」のテーマで進めていきます。

スポンサーリンク

デザインとは?

Webサイトおにおけるデザインとは設計や課題解決といった所から、装飾としての見栄えの部分までを指します。この辺りの仕事を「Webデザイナー」が受け持ちます!

デザインの必要性

  • 課題を見つけて、解決するため

どのような施策を行えば来客が増えるのか?この辺りから考えることが仕事の第一歩となります。

  • わかりやすく、伝わりやすくするため

その製品やサービスを伝えるためには、わかりやすく情報をデザインすることが重要になります。

何となくデザインをしない
Webサイトでいえば、何となくナビゲーション、見出し、フッターを配置する、というデザインはよくありません。デザインには目的用途見栄えの関連性を重要視しましょう!

Webサイトにおけるデザイン

  • Webデザイナーの仕事

上記で挙げたように、デザインが設計や課題解決だといった意味合いだとすると、WebデザイナーはWebサイトの企画立案から見栄え、文章まで手がけるのが一般的です。

インターフェイスに特化したUIデザイナーや、画面設計や扱いやすさ心地よさを追求するUXデザイナーなどの肩書きが浸透してきたこともあり、Webデザイナーの役割は会社や案件によって変動してきています。

とはいえWebデザイナーとしての基本的なことを学んでおけば、立ち位置が変わっても力を発揮することは可能だと思います!

Webデザイナーが学ぶべきこと

  • 目的や目標をWebサイトに落とし込む力

レイアウトや配色、写真や書体の選定、Webサイトのトーン&マナーなどを企画内容から汲み取り、方向性を決めていく。

トーン&マナー
ブランディングにおけるデザイン・クリエイティブの表現をルール化したものである。 広告・販促物のデザイン表現の意味・理由付けの根拠となるとともに、関係者間での意志統一や共通認識を得ることができる。
  • 手作業でWebデザインを描く力

デザインの方向性を決める能力とは別に、具体的にワイヤーフレームやWebデザインなどを描く力が必要です。これにはAdobeのXDなどのアプリケーションのスキルも必要です。

  • 扱いやすさを見極める力

Webサイトとして形になった際に、実際に触ってみて、扱いやすいのか、読みやすいかなどをユーザー目線で判断していきましょう。

目的

Webデザインにも成果がシビアに求められる時代になっています。目的目標を考えて様々な施策を講じることが大切です。

目的と目標の違い

Webサイトの新規構築やリニューアルにあたっては、「目的」「目標」を設定することが重要です。

簡単に例としてあげると以下のような感じです!

目的Webサイトで実現したいこと(販売促進、ブランドイメージの向上、サービスの申し込みなど)

目標Webサイトで達成したい数字(商品の購入数、サービスの申し込み数など)

このようにWebサイトで達成したい最終的な目標を「KGI(重要目標達成指標)」その過程や手段ごとに設定する複数の目標を「KPI(重要業績評価指標)」と言います。

では次に目標を設定する流れについて解説していきます!

KPIの設定

WebサイトのKPIには、主に次の2つがあります。

  • 全体的なKPI
  • 施策単位のKPI
まず全体的なKPIとしては、問い合わせ数、採用応募数、資料請求数などコンバージョン(CV)に関する値が代表的です。
新規構築やリニューアルでは、プロジェクトの初期段階で、クライアント企業にヒアリングをしたり、こちらから提案して、KPIを設定して置くことが大切です。
施策単位のKPIは、Webサイトの継続的な改善(PDCAサイクル)の効果検証のために設定します。
したがって、新規案件や、リニューアル案件では利用することはありません。
利用する例としては以下のような場合ではないでしょうか。
  • SEOを念頭に置いたサイト設計の見直し(6ヶ月後の検索流入数の10%向上など)
  • 電話番号をヘッダー部分で目立たせるデザインへ変更(お問い合わせ数が20%向上など)
  • ページ間の導線を分かりやすい表示に(離脱率が15%低下など)

KPIツリーの作成

KPIツリー

  • KGI重要目標達成指標
  • KSF重要成功要因
  • APアクションプラン
  • KPI重要業績評価指標

これらのものをツリー状に描いたものを「KPIツリー」と言います。

まとめ

この記事で読み終えた段階で、Webサイトにおけるデザインや目的について、ある程度は学べたと思いますので、今後のWebサイト製作に少しでも役に立てて頂ければ嬉しいです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
WebDesign
スポンサーリンク
シェアする
CreaveGraffitiをフォローする
Creavegraffiti | Webマーケティング情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました