人工知能AIについて!AIの仕組みから開発まで分かりやすく解説。

人工知能AI Web

最近よく人工知能AIという言葉をテレビやインターネットなどで耳にします。

また最近では2020年のオリンピックに向けて鉄道会社とAI研究チームの共同開発で「AI搭載の自動警備ロボ」の実証実験が行われているなど、注目を集めています。

しかし、人工知能やAIとは実際どういったものなのでしょうか?

AIとはArtificial Intelligence(アーティフィシャル インテリジェンス)の略で「エーアイ」と言います。

そのAIの仕組みから開発までを本記事では解説していきます

スポンサーリンク

人工知能(AI)について

①人工知能(AI)とは?

AIは最近になって注目されていますが、実際のところでは1950年代から開発されていました。

中島秀之 公立はこだて未来大学学長
人工的に作られた、知能を持つ実態。あるいはそれを作ろうとする工程によって知能自体を研究する分野である。

西田豊明 京都大学大学院 情報学研究科教授
「知能を持つメカ」ないし「心を持つメカ」である。

溝口理一郎 北陸先端科学技術大学院大学教授
人工的に作った知的なふるまいをするもの(システム)である

一般的な解釈としては「人工的に人間の知能を模倣するための概念および技術」と言われています。

AIは2種類に分けることが出来ます。

 

  • AGI(特化型人工知能)…一つの特定分野に特化した人工知能のこと(弱いAI)
  • CAI(汎用型人工知能)…人間と同じように考え、人間と同じように判断して行動に移すことのできる人工知能(強いAI)

 

特化型と汎用型のほかに「強いAI」と「弱いAI」と類型化されて呼ばれることもあります。

AGI(弱いAI )とCAI(強いAI)はどのように区分されるのでしょうか?

それはAIが備える機能やその高度さによる分類で、AIがどれだけ人間の精神を模倣するかという区分だと言われています。

具体的に人間のような意識をAIで再現できるかが、一つの大きな基準です。

つまり人間のような自意識を備えているAIが「強いAI」(汎用型人工知能)と言われます。

反対に「弱いAI」は「強いAI」のように、人間のような自意識を備えていないものです。

このようにAIは色々なところで利用されています。

※模倣とは自分で工夫して作り出すのでなく、既にできているものをまねること。

②AIは何に利用されているか?

AIを搭載した製品は現代社会にたくさんあります。

例えば身近なものをで言えば、ルンバもAIを搭載した製品の一つです。

センサーが障害物を察知して避けるだけでなく、部屋の形状や家具の配置図を「頭の中」に作成し、無駄の少ない移動法を「考え」効率よく掃除します。

また最近話題のスマートスピーカーGoogle Home もその一つです。

ルンバ、スマートスピーカー、どちらにも思考力が備わっているので、「覚えて」「考えて」「発話(行動)」することが出来ます。

このようにAIを搭載した製品はたくさんありますが、どのように出来ているのでしょうか?

AIを学ぼう!

①AIの仕組み

最初に「AI(人工知能)」は「機械学習(Machine Learning)」と「Deep Learning(深層学習)」から成り立っています。

機械学習(きかいがくしゅう、英: machine learning)とは、コンピューターによる学習。人工知能の一分野であり、人間がもつ学習能力と同じく、コンピューターも経験から学習し、将来予測や意思決定を実現できるようにする技術や手法を指す。

深層学習(Deep Learning)とは、コンピューターによる機械学習で、人間の脳神経回路を模したニューラルネットワークを多層的にすることで、コンピューター自らがデータに含まれる潜在的な特徴をとらえ、より正確で効率的な判断を実現させる技術や手法。

例えば人間は、動物を見たときに「イヌなのか、ネコなのか」を瞬時に判断します。

それは目や耳から得た情報を経験・知識と照らし合わせ、「動物なのか」「種類は何なのか」を推測することで判断しています。

AIの基本的な概念も同様で、人間の脳が行っている“推測”をコンピューターで模倣します。

そこで判断するために重要となるのが機械学習となり、それが深層学習という手法になります。

このように、AI(人工知能)は機能学習と深層学習の学習方法からは成り立っていることが分かります。

②AIを開発するには?

AIを開発するには以下のような事に注意して開発されています。

  • 開発のしやすさ
  • 十分な計算速度
  • 安全性

AI開発する上で一番使用されているの言語がPython(パイソン)です。

PythonはAI開発のみならず、解析ツールなどを開発する際にも使われています。

現在の機械学習、科学計算の分野で最もシェアを獲得している言語になります。

機械学習をするならPython!」と言われるぐらいです。

そこでこのようなプログラミングはどのように学ぶと良いのでしょうか?

③プログラミングの勉強方法は?

現代は自宅で好きな時に勉強が出来るオンラインスクールが注目を集めています。

受講者がもっとも多いTechAcademy [テックアカデミー] はキラメックスが運営するオンラインのプログラミングスクールで、しっかりと学べる機械学習の基礎が学べる「Pythonコース」AI(人工知能)コースがあります。

テックアカデミーではお得なセット割りもあるのが魅力の一つです。

単体コースに比べて最大50,000円もお得!

PythonとAIセットコース 受講金額 メンタリング
回数
1週間の
勉強時間
8週間プラン 248,000円 14回 20~40時間
12週間プラン 288,000円 22回 15~30時間
16週間プラン 328,000円 30回 10~20時間

※分割払い月々約10,333円〜で利用できます。(8週間プランを24回払いの場合)

現役エンジニアのパーソナルメンターが徹底サポートしてくれるのでAIを学ぶのには最適です。

④プログラマーの需要は?

今後はより一層AIの分野が発展していくと予想されます。

そうなると「将来、人工知能が人間の仕事を奪う」と様々なサイトで言われています。

  • 受付、レジ係、駅員などの仕事
  • 加工、組み立て、塗装などの生産系の仕事
  • タクシーやバスの運転手
  • スポーツの審判

今や、全自動で走る自動車も出て来ているぐらいなので、このような職業はAIに変わってしまう可能性が高いと言われています。

しかし、プログラマーはAIに変わる心配はありません。

なぜなら、これらの人工知能を作るのはプログラマーだからです。

・まとめ

「AIを制する者が未来を制す」と言われている現代で、AI技術は更なる進化を遂げていきます。

2020年から小学校でのプログラミング教育の必修化もさることながら、今後まだまだプログラマーなどの需要は高くなります。

最近ではオンラインスクールで学ぶ方も増えたので、上記のテックアカデミーと併せてオススメのオンラインスクールをご紹介しておきます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Web
スポンサーリンク
シェアする
CreaveGraffitiをフォローする
Creavegraffiti | Webマーケティング情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました